コラム

ブラックリストは存在するのか

更新日:

借金悩み_ブラックリスト

結論から伝えると、『ブラックリスト』というリストは存在しない

クレジットカードやカードローンなど、お金を借りた後の返済が滞った場合または、破産が生じた場合に、民間の信用情報機関に事故情報や延滞情報として記録された状態を「ブラックリストに載る」と表現される、いわゆる 『事故情報』 という意味です。

 

事故情報といを言い換えると『債務不履行』のことを示し、債務不履行とは
お金を貸した業者に対して、返済がかなり遅れて迷惑をかけましたと言った状況です。

信用情報機関情報は厳重管理されており、誰でも簡単に見れるものではございません。

あなた(自分)の個人の信用情報は、あなた(自分)自身と許可を得た会社しか閲覧することはできない情報です。

なので、許可を得ることができる会社は金融機関・クレジット関連会社・貸金業者のみである。要するにお金を貸す(信用貸しする)業務をしている会社のみしか加盟できないのです。

よく、誤解しがちなのはブラックリストが存在をしていて、そのブラックリストが職場や近所に出回り、あたなはブラックな人だと知られてしまう訳ではないことを理解して欲して頂きたい。

 

仮にブラックリストに記載されたからと言って、普通の日常生活や仕事をする上で特に問題が起きるわけではなく、不自由が起きるものでもない

また、信用情報機関に加盟している金融関係の会社に就職や働いても、信用情報を閲覧される可能性はあっても、情報が漏れる可能性はない。

なぜなら、信用情報は一部の限られた人しか確認することができなく、かつ閲覧権限を持っている人は、たとえ社内の人が借りた情報を知っていても、情報を漏らすことはありえないのだ。

ちなみ、閲覧する可能性があるとしたら、勤め先の金融関係会社でお金を借りる場合のみである。

何となく『プラックリスト』のイメージだけで、恐れてはいけないのです。

 

ブラックになると就職・転職活動に不利になる!マンションや戸建てが買えない!と言った疑問点や、興味を持っている人は少なからずと多いのではないかと感じる。

そういう人はブラックになりかけや、既になっている人に関心が多いので、そもそもお金を借りなければ良いのではないだろうか。

ただ、無駄にお金を借りるのではなく必要な場合はお金を借りるべきだと考えます。

特に個人でなく、自営業者は運転資金で必要ですし、普通にお金を借りて経営している会社がほとんどであり、当たり前の様に行われている。

会社経営(自営業)者でなく、一般の個人でも借金でどうにも首が回らなくり、ブラックリストに記載される直前の人もいるだろう。

 

お金は怖い存在で、人の生死をも左右する力がある。借金が苦しくて自ら自殺する人もいる。

本当に首が回らなくなった場合は状況に応じて自己破産任意整理、個人再生などで、借金を軽減、もしくはチャラにすることができるので、一度考えて見たほうが良い。

ただ自己破産は最後に実行すべきで、まずは任意整理や個人再生を検討しましょう。

 

なぜなら、自己破産をすると、借金はゼロになる代わりに、社会的に信用を回復するまでに10年はかかると言われています。

まずは最大で10年間はお金を借りることができなくなり、クレジットカード等が作れなくなります。また、マイホーム(持ち家)をお持ちなら処分しなければなりませんし、財産の処分(20万円以上)もしなければなりません。

 

自己破産して、借金がゼロになったのに財産を持っていたり、再びお金を借りることはできないのは当たり前ですよね。

そして、官報と言う国が発行している機関紙名前が乗ります。名前は乗りますが、見る方はほとんどいないでしょう。さらに、免責を受けるまでの期間は一部の職業に就くことができません。

一方、任意整理や個人再生は借金はゼロになりませんが、今後の利息(金利)がセロになったり、借金が減ったりします。そしてブラックリストにも乗らないメリットもございます。

借金が苦しい方は以下の無料診断をして今の自分の状況を確認してみましょう。

⇒ 無料診断(シュミレーター)を試してみる

 

街角法律相談所

 

キャッシングはじめてナビTOPに戻る

-コラム
-

Copyright© キャッシングはじめてナビ|全国の消費者金融・銀行カードローンを比較 , 2020 All Rights Reserved.